【Be Winning Horseplayer(菅田英治氏著)】現時点で最もおすすめできる競馬情報商材です

今日は私が現時点で最もお勧めできる競馬商材をご紹介します。

それは「Be Winning Horseplayer(ビー・ウイニング・ホースプレイヤー)」という情報商材です。

実はこの教材を手にして以来、私はすっかりこの「Be Winning Horseplayer(ビー・ウイニング・ホースプレイヤー)」の著者である菅田栄治さんのファンになってしまいました。

実績を信用できる数少ない人のうちの1人

世の中に馬券術の本や商材を出している人は数多くいますし、プロ予想家を名乗る人も数え切れません。

しかし、その中の多くが「本当にこの人競馬で儲けているのか?」と思わせる人ばかりです。

なぜなら、その馬券術の回収率や的中率は書いてあっても、ほとんどが後付けのもので、実際にその馬券術を使って、どれだけ収益を上げてきたかが書かれていないためであり、中にはねつ造されているものすら多いのではないかと思います。

しかし、この「Be Winning Horseplayer(ビー・ウイニング・ホースプレイヤー)」の著者である菅田英治さんは競馬予想SNSサイト「ウマニティ」の予想大会で、17大会連続プラス、月単位では18ヶ月連続プラスという信じられない成績を残しています

このウマニティはサンスポとニッポン放送が公認するサイトですから、データのねつ造はもちろん不可能です。

年間でプラスの成績を出せる人はいても、これだけの開催を連続でプラスにできるような人は、少なくとも私はこの菅田栄治さんくらいしか知りません。
(実際、ウマニティでこれを超える記録は出ていません)

そんな菅田栄治さんがどうやって予想したか、気になりませんか?気にならないはずはありませんよね?笑

そして、普通ならそんな方法を公開するはずはないと思うのですが、彼は何とこの商材の中で、自らの競馬予想の肝となるノウハウを公開し、解説してくれています。

 

ただ1つ断っておくと、菅田栄治さんの予想法は、私のように過去データをもとに機械的に競馬予想を行う人にとって、真似することが難しいものになっています。

菅田栄治さんの予想では、予想対象とするレースの前に行われた当日のレースを、動画などを通じて「目で見る」必要があるからです。

なので、データを使った予想のみに興味がある人にとっては、利用するのが難しいと思うかもしれません。
(それでも私は何とかそれをデータ化して、自動投票に利用できないか画策中ですが)

しかし、菅田栄治さんのノウハウは、機械的には真似できないからこそズバ抜けた成績を残せていると思います。

なので、データだけではなかなか思うような収益を上げられない人にとっては、それを打開するきっかけを作るのに打ってつけの商材です。

もしあなたが、競馬を嫌いならば、終わったレースをもう一度見るなんて苦痛で仕方ないかもしれません。

でも、競馬好きですよね?

そんな大好きな競馬で、あるポイントに注目してレース動画を見るだけで、回収率が大きく上がると、こんなに楽な話はないと思いませんか?

 

実際に驚異的な馬券実績を残している菅田英治さんのノウハウをそのまま試せるなんて、こんなチャンスは二度とないかもしれません。

後で「あの時ちゃんと聞いておけば良かった」と思うか、「あの時ちゃんと聞いておいてよかった」と思うかはあなた次第です。

お金の賭け方について語っている数少ない商材

菅田英治さんの予想法を勉強するだけでも今後の馬券収支は大きく変わると思いますが、この教材の価値はこれだけではありせん。

この教材では「回収率が100%を超える予想法を知ったとしても競馬で勝つことはできない」ということを学ぶことができるのです。

実はこれは多くの人にとって見逃されがちなことなのですが、回収率が100%を超えていても、資金がパンクしてしまうことは大いに起こり得ます。

極端な例で言えば、「的中率80%、回収率240%」というとんでもない予想法を発見したとしても、賭け方によっては資金がゼロになる可能性があるのです。

せっかくなのでこの極端な例について、もう少し詳しく見てみます。

 

「10レースのうち平均8レースでオッズ3倍の馬券が当たる馬券術」があったとします。

これを均等買いすれば回収率は240%(=0.8×3倍)になりますが、では仮にあなたが10万円を馬券購入に使えるとしたら、1レースあたりいくら賭けますか?

例えば10回のうち8回も当たるのに1万円しか賭けないのはもったいないですよね。

一方で、的中率80%だからといって毎回5万円ずつ賭けてしまったら、いきなり2連敗した時に予算がすべてなくなってしまいます。

 

では、いくらが妥当だと思いますか?

2万円ですか?

それとも3万円ですか?

 

このようにいくら賭けるべきかはなかなか悩ましい問題ですが、この「Be Winning Horseplayer(ビー・ウイニング・ホースプレイヤー)」では、いくらまで賭けていいのかという適切な資金管理についてこの教材は教えてくれているのです。

さらに「お金の賭け方の公式」をを自動計算してくれるエクセルシートもついていますので、あなたもこの適切な資金管理をさっそく次の競馬開催日から実行できます。

 

ただ、実は私はこの「お金の賭け方の公式」には少し物足りなさを感じています。

確かに「資金が0になることを防ぐ」という視点であればこの公式は理にかなっていますし、実際に破たんのリスクを抑えながら投資を続けていけると思います。

ただ、これはあくまでもリスクを最小化することに目を向け過ぎたがために、「どれくらい賭ければ最も儲けることができるのか」という視点が欠けているのです。

例えば、上で例として挙げた「10レースのうち平均8レースでオッズ3倍の馬券が当たる馬券術」のケースですが、「Be Winning Horseplayer(ビー・ウイニング・ホースプレイヤー)」の公式を使うと、1回あたり16,600円賭けるのが適切だという答えが出てきます。

この金額であれば6連敗しない限り資金がなくなりませんが、的中率80%で6連敗することはほぼあり得ませんので、長期的に馬券投資を続けることができます。

長期的に馬券投資を続けることさえできれば、「的中率80%でオッズ3倍の馬券が当たる馬券術」すなわち回収率240%の馬券術であれば、やがては資金が増え続けていくのは容易に想像できますよね?

 

ただ、実はこの「1回あたり16,600円」という金額ではもったいないのです。

この金額は10万円を6分割した数字ですが、1回目で当たる可能性が80%あるにしては少し控え目な金額だと思いませんか?

実はその通りで、もっと利益を大きくする賭け方があります。

 

もう少し具体的にお話すると、今回のケースについては「資金の7割を投資する」という賭け方が最も利益が大きくなります。

この7割の算出方法は今はいったん横に置いておくとして、この結果を聞いてあなたは「は?いくらなんでもそれは賭け過ぎでは?」と思ったのではないですか?

確かに、今回の例では最初のレースで10万円のうち7万円を賭けることになるため、外れたらいきなり残りの資金は3万円まで減ってしまいますから、そう思うのも無理はありません。

 

さらに、1レースが外れたあと、次のレースでは3万円の7割である21,000円を賭けることになりますが、もしそれも外れようものなら残金は9,000円になってしまいます。

10万円の資金が9,000円まで減ってしまってはもう取り戻すことなどできないような気がしますよね?

 

しかし、ここでその後に続く8レースで連続的中したことを考えてみて下さい。

10レースのうち平均8レース当たるのですから、2連敗のあと8連勝すればちょうどその前提通りになることを考えれば、それほどおかしな仮定ではありませんよね?

そしてこの場合、資金残高は以下のように変化します。
(実際の馬券は100円単位でしか買えませんが、ここでは便宜上無視します)

2レース目で9000円まで減った残高ですが、その後の8連続的中により約1千万円まで増えています。

なお、今回の例では初めに2レース連続で外れたケースを想定しましたが、2回のハズレが何レース目にあったとしても資金が約1千万円まで増えるという結果は変わりません。

もしお時間があれば、3レース目と5レース目がハズレでも、9レース目と10レース目がハズレでも、その他のどの組み合わせがハズレでも最終的な金額はすべて同じになることを確認してみて下さい。

またこの7割という数字を、6割あるいは8割という数字に変えると、上の表よりも最終残高が小さくなってしまうことも、計算すればお分かりになると思います。

この7割という数字は的中率や回収率の前提が異なれば変わってくるのですが、数学的にはその比率を求める公式があり、これに従うと最大限の効率でお金を増やしていくことができます

もちろん回収率が100%を超えていないと成り立ちませんが、少なくともマーチンゲール法などのいずれ破たんする追い上げ式よりは、はるかに現実的な方法です。

 

実際に馬券裁判の卍氏も(知らない方はこちらの記事を参照)これに近い方法で億を稼ぐことに成功していますが、今回ご紹介している公式は卍氏の使用していた数字よりも正確な答えを導き出せるものになっています。

私としては最終的には競馬で生活できるぐらい稼ぎたいと思っていますが、もしあなたが同じように「とにかく競馬で長期的に大きな金額を稼ぐことを目標にしている」というのであれば知っておくべき式だと思います。

 

ただ、この投資法は私としてもかなり勉強して学んだものですので、無料で公開するのには気が引けます。
(菅田さんと違って小さい人間ですので。笑)

そこで、私からこの「Be Winning Horseplayer」買ってくれた人だけにお教えしようと思います

10ページ以上に渡ってこの「最大限に資金を増やす方法」について解説したPDFを、商材の特典としてお付けいたしますので、興味がある方はぜひご購入を検討いただければと思います。
購入ページはこちら → 【Be Winning Horseplayer】

※購入時に以下の画面が出ることを確認してください。
特典画像

 

実はこの「Be Winning Horseplayer」はあなたは実質無料で手に入れることができます

リンク先の購入ページにも書いてありますが、実はあなたはこの「Be Winning Horseplayer」を実質無料で手に入れることができます

まず、この教材の内容を180日以上実践しても満足のいく成果が出せなかった場合、菅田英治さんから直接アドバイスがもらえます

今や彼のファンである私としてはこれだけでもうらやましいのですが(私の場合は満足のいく結果を出せてしまったのでこの権利を使っていません)、もし菅田さんから直接アドバイスをもらっても満足の行く結果が出ない場合は、365日以内であればなんと全額返金してもらえるのです。

つまり、この教材のノウハウを実質無料でゲットできてしまうことになります。

ここまでのサービスは正直やり過ぎではないかと思うのですが、まさにそんな人だから私もファンになったのだと思います。

 

ということで、競馬初心者から上級者まですべての人におすすめです。

私の特典も含め「何も得ることはなかった」という人はまずいないと思いますが、満足度の感じ方は人それぞれですので、成果が出ないと感じれば遠慮なく返金保証を利用して下さい(彼ならば気持ちよく応じてくれるはずです)

 

そして、最後にもう一度考えて下さい。

ここで「今は買わずにまた後で考えよう」と先送りにした場合、あなたは今と同じ方法で馬券を買い続け、今と同じような馬券収支を続けることになります。

しかし、もしここですぐに行動を起こしてこの教材を手に取ったのであれば、予想の仕方、馬券の買い方、お金の投じ方が大きく変わるのは間違いないと思います。

 

この教材がいつまで販売されているかはわかりませんし、私がこの特典をいつまでお付けするかもわかりません。
(私の特典はそのうち有料販売することも視野に入れていますが、その時は当然ですがこの特典は削除いたします)

先延ばしすることで後悔しか生まれないのだとしたら、行動を起こすのは「今」しかないのではないでしょうか。

ぜひ勝ち組サイドとして競馬を楽しみましょう!

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

ここまで読んだのであれば、ぜひ下のをクリックしてどんな商材なのかを確認してみて下さい。

このページを読むだけでも得るものがあると思いますよ。

BWH

コメントを残す

このページの先頭へ