逃げ馬を買い続けるだけで

馬券収支はプラスになります!!

そんな逃げ馬の特長の全てを知り、

「どの馬が逃げるか」を予想できるようになって

一緒に競馬の勝ち組に回りませんか?

 

 

名前
メールアドレス


torokuword-sma_soft1_green

登録がエラーとなる方はお手数ですがこちらのページからお願いします。

 

まずは逃げ馬の圧倒的な成績を

ご確認ください!

 

 

「逃げ馬を買い続けることができれば馬券収支はプラスになる」

 

こう言われてあなたはピンときますか?

 

多くのレースにおいて最後の直線で逃げ馬がかわされるシーンを見ていれば、もしかしたらそんなイメージは湧かないかもしれません。

 

また、オグリキャップ、ナリタブライアン、テイエムオペラオー、ディープインパクト、オルフェーヴルなど、歴史に名を刻んで来た名馬たちの多くが逃げ馬ではないことを考えると、「逃げ馬が儲かる」と言われてもにわかに信じられないのも無理もありません。

 

よって、仮に「事前にどの馬が逃げるか」がわかっていたとしても、毎回その馬の馬券を買おうなどとは考えないのではないでしょうか。

 

しかし、逃げ馬の成績はその他の馬の成績に比べて圧倒的に優秀な成績を収めています。

 

まずはそれを確認するために、脚質(逃げ・先行・差し・追込)ごとの成績を比較した以下の表をご覧ください。



それぞれの脚質の間でここまでの成績の差があると思っていましたか?

 

これは「仮に」の話ですが、あなたがレース前からすべての馬の脚質を予想できるとした場合、淡々と逃げ馬に投資を続けていればその金額は約2.1倍になって返ってくる一方で、追込馬に投資を続けていれば3分の1以下しか返ってこないのです。

 

この歴然とした差を見ても、まだ差し・追込が予想される馬の馬券を中心に狙おうと思いますか?

 

追込馬の回収率が31%ということは10,000円投資すると平均して3,100円しか払い戻しがないということなので、その馬券を買うことなどお金をドブに捨てるようなものです。

 

 

それよりもまずは逃げる馬を予想して、そこに投資することが馬券収支をプラスにすることの近道だと思いませんか?

 

でも何が逃げるかわからない?

 

「逃げ馬を買えば勝てるのはわかったけど、でも何が逃げるかなんてレースが始まってみないとわからない」

というのはごもっともなご意見です。

 

確かに、出遅れたり、他に先頭を争う馬がいたり、あるいは単純にこれまで逃げていたのに戦法を変えたりと、逃げると思った馬が逃げない可能性は大いにあります。

 

反対に、今まで追い込み一辺倒だった馬が、いきなり逃げてくることもあります。

 

これらを考えると、確かに逃げる馬を予想するのは一筋縄ではいかないかもしれません。

 

しかし、だからと言って「逃げる馬の予想なんてできない」ということにはなりません

 

 

例えば、ディープインパクトという馬。

この馬は最後の直線で後方から馬をゴボウ抜きするイメージの強い、いわゆる「差し馬(あるいは追込馬)」です。

仮にディープインパクトがまたレースに出走することになったとしたら、あなたは「この馬は逃げる」と予想しますか?

 

別の例で言えば最近好成績を収めているキタサンブラック。

北島三郎氏の持ち馬ということでも有名なこの馬ですが、ほとんどのレースを逃げて勝利しているように、典型的な「逃げ馬」です。

この馬が「逃げるのではないか」と予想するのは自然なことだと思います。

 

このように、馬というのは得意とする「脚質」(≒レース中の位置取り)が決まっています。

そしてこの「脚質」は競馬新聞やスポーツ新聞の競馬欄などにはたいてい記載してあります。

 

これは「逃げる馬」を予想するための手がかりになりそうですよね?

 

もちろん新聞の脚質通りにレースの位置取りが決まるわけではありませんが、何の指針もないのとヒントがあるのとないのでは大違いです。

 

この脚質に注目するだけでも、もしかしたらあなたの馬券収支は劇的に変わってしまうかもしれません。

 

しかし、新聞の脚質欄を見て「逃げ」となっている馬を機械的に買うだけでは、残念ながら馬券収支はプラスにはできない可能性が高いです。

 

その最大の理由はやはり「逃げ馬探しのヒントにはなっても、必ずしも脚質通りには逃げてはくれるわけではない」ということにあります。

 

私は以前、実際にスポーツ新聞のデータを溜めて集計したことがあるのですが、5,131頭の「逃げ」の脚質だった馬のうち、実際に逃げたのは1,806頭でした。

 

率にすると1,806 ÷ 5,000≒35%程度です。

 

「これしか当たらないのか」と思うかもしれませんが、それでもこの逃げ」の脚質を買い続けた場合の単勝回収率(払戻金額/購入金額)は約90%もありました

 

JRAのレースにおける単勝回収率の平均は80%ほどですから(税金やJRAの取り分として約20%が引かれるため)、何も考えずに新聞の脚質欄で「逃げ」とされていた馬券を買うだけで、それを10%も上回れるのは極めて優秀だと言えます。

 

あなたの周りにいる競馬に詳しい人たちもたいていは平均並みの成績ですから、この脚質欄を利用するだけで軽く上回ってしまうことができるわけです。

 

また、新聞の場合は全レース・全馬について脚質を記載しなければなりませんが、実際には逃げ馬が予想しやすいレースと予想しにくいレースがあるはずです。

 

一方で、私たちは、逃げ馬を予想しやすいレース、あるいは逃げ馬が勝ちやすいレースなどに絞って馬券を買うことができます

 

機械的に新聞の指示に従って全レースの馬券を買うよりも、そのような絞り込みによって回収率がさらに向上することは容易に想像できませんか?

 

そこで私は、「どのような馬が逃げやすいか」あるいは「どのようなレースで逃げ馬が勝ちやすいのか」などについて研究し、そしてその成果をメルマガにて配信しています

 

あなたはその内容に興味はありませんか?

 

もしあなたがすでに予想の際に「何が逃げるか」を考慮に入れているのであればその手助けになりますし、もし今は逃げ馬についてはまったく予想の材料にはしていないということであれば、私の配信内容を知ることで馬券収支が向上することはほぼ間違いないと思います。

 

逃げ馬を買ってもレースを楽しめない?

確かに直線で一気にゴボウ抜きを決める差し馬は、見ていて気持ちがいいです。

それに対して逃げ馬は一度後続につかまったら、ほぼ勝ちは絶望的です。

 

しかし逆に考えれば、逃げ馬の馬券を買えば後ろに捕まるまではずっとハラハラドキドキを楽しむことができます。

 

レースがスタートしてからしばらくは逃げ馬が主役のようなものです

そのレースがどのようなペースになるのかは、ほぼ逃げ馬の走りによって決まります。

 

差し馬はどこにいるのか見失うことすらありますが、逃げ馬に限ってはそんなことはあり得ず、一度は全観衆の注目を浴びます。

 

そして、逃げ馬は馬群に包まれて体をぶつけられたり、コーナーでロスある回り方させられるような心配はありません。

まして、直線で前が開かずに抜け出せないというようなこともありません。

 

そしてあなたの狙った逃げ馬が直線半ばで後続にそれなりの差をつけていた時、本命の差し馬を買っていた多くの人の「差せ!」という悲鳴が聞こえるはずです。

あるいは自分の買った馬が全く伸びずにどこにいるのかわからず探している人もいるかもしれません。

 

そんな中あなたは一人、「そのまま!」と歓喜の叫び声を上げるのです

 

このように逃げ馬の馬券を買っていると、差し馬では味わえない快感を味わうことができます。

 

確かに逃げ馬は多くのレースで差されているイメージがあるかもしれませんが、1レースに1頭しかいない逃げ馬が何頭もいる差し馬のどれかに捕まることが多いのは当たり前のことです。

 

差し馬を1頭1頭別々に見れば、逃げ馬の方に軍配が上がるのは、先ほど見たように的中率や回収率から考えて明らかです。

 

周囲から「こんな前残りの競馬じゃ当てらんないよ」という声が聞こえる中、一人でその前残りの馬券を持ってほくそ笑む快感をあなたも味わってみませんか

 

 

ここであらかじめ言っておきますが、メルマガ購読料は無料です。

 

「逃げ馬を狙う」という勝利に直結する道を中心に歩みつつ、使えるデータは何でも使って逃げ馬以外も投資対象にしていく。

そのための情報を無料で手に入れることができるこの機会を、あなたは逃すl理由があるでしょうか。

そんな情報を無料で配信するなんて怪しい

という疑り深いあなたへ

気持ちはよくわかります。

 

世の中に競馬で詐欺まがいの情報がはびこる中、

「情報を無料で提供するだけなんて、何か裏があるはずだ。」

と疑う姿勢はとても大切だと思います。

 

確かに、逃げ馬の回収率は200%というのも、あなたを騙してメルマガ登録させるための嘘かもしれません。笑

 

そんな疑り深いあなたのために、私がメルマガを配信する目的をお伝えしておきます。

 

それは大きく分けて以下の2つです。

  1. 自分の馬券力をさらに高めたい
  2. 多くの人と一緒に競馬を楽しみたい

 

 

まず、1つ目に関してですが、私の競馬予想はまだまだ発展途上です。

日々、馬券力向上に勤しんでいますが、一人では限界があります。

 

そこで、読者の力を借りてこれを進化させたいのです。

 

自分ではなかなか気づかない点も、他の人に言われて気付くことは多々あります。

また一人で分析しているとつい独りよがりの考えに陥りがちですが、読者の指摘によって修正することも可能です。

 

例えば「人気馬が凡走しやすいレースだけに絞って投票すればもっと回収率が上がりますよ」とか「たぶんその考えはダートでは通用しないはずです」など、読者からいただいた声をヒントとすることによって私の馬券収支も大きく改善してきました。

 

このように情報を配信することによって意見をもらいやすい環境を作り、馬券力向上のスピードを圧倒的に早くするというのが1つ目の狙いです。

 

続いて、2つ目。

 

これは私が単純に大の競馬好きということもあり、読者の方々と競馬の話題で盛り上がりたいというだけです。

 

儲けるということは競馬の大きな醍醐味の1つですが、それ以外にも競馬の魅力はたくさんあります。

 

「私も逃げ馬には前から注目していました!こういう条件で絞り込むと回収率が上がります!」

「有馬記念はコース形態から考えて内枠が有利なので、私は思い切ってこの馬で勝負します!」

「ディープインパクトとサイレンススズカはどっちが強いと思いますか?私は絶対スズカだと思います。だって・・・」

 

上記はこれまで読者から寄せられたメールの一例ですが、そんな話題をあなたとも語り合いたいというのが希望です。

 

メールをもらえれば極力個別に返信をいたしますし、近い将来にはフォーラムのようなものを作って、メルマガ読者どうしで意見交換するような場も設けたいと思います。

 

と、私の目的を述べてみましたが、まだ胡散臭いですか?笑

 

そんなあなたに、せめて逃げ馬の実力だけは信用してもらうために、もしメルマガに登録していただけたら2010年~2015年の6年間の全レースの逃げ馬(3コーナー先頭馬)の一覧ファイルを差し上げます(Excelファイル)。

 

このファイルは上記期間の逃げ馬20,556頭について、以下の結果を記載しています。

1540_32 レース開催日

1540_32 競馬場

1540_32 レース番号

1540_32 レース名

1540_32 トラック(芝・ダート・障害)

1540_32 距離

1540_32 年齢条件

1540_32 競走条件(新馬、未勝利、500万下、・・・)

1540_32 グレード(特別、GⅢ、GⅡ、GⅠ)

1540_32 出走馬性別(牡馬のみ、牝馬のみ、混合)

1540_32 頭数

1540_32 馬場状態(良、稍重、重、不良)

1540_32 枠番

1540_32 馬番

1540_32 馬名

1540_32 性別

1540_32 キャリア(出走レース数)

1540_32 馬齢

1540_32 馬体重

1540_32 馬体重増減

1540_32 負担重量

1540_32 騎手

1540_32 調教師

1540_32 休養週数

1540_32 クラス移動(昇級・同級・降級)

1540_32 単勝人気

1540_32 単勝オッズ

1540_32 着順

1540_32 単勝配当

1540_32 複勝配当

1540_32 前走トラック(芝・ダート・障害)

1540_32 前走距離

1540_32 前走人気

1540_32 前走着順

1540_32 前走着差

 

まずはこのファイルを見て、私の言っている「逃げ馬の回収率(=払戻金額/投資金額)は200%である」ということが正しいかどうかをご確認下さい。

 

各レースはJRAのホームページにも掲載されていますので、実際にいくつか照らし合わせてみると良いと思います。

 

そして、そのあとは逃げ馬が得意とする条件について、ぜひご自身で色々と分析してみてください。

 

ここに載せたデータだけでも実に多様な項目を調べることができます。

 

例えば、競馬場別に勝率や回収率を集計すれば、どの競馬場で逃げ馬を狙うべきか(あるいは逃げ馬を狙ってはいけないか)がすぐにわかります。

 

また、重馬場と良馬場ではどちらの方が逃げ馬の成績が良いのかなども簡単に知ることができるでしょう。

 

(もし、これらを調べる方法がわからなければ遠慮なくメールでお問い合わせださい。)

 

 

メルマガではこれらのデータについて、あるいはこれ以外のデータについても私になりに分析してお伝えしていきますが、それを待たずともあなたはこのファイルで独自の分析をすることが可能なのです。

 

ただでさえ勝利に近い逃げ馬のデータを手にするわけですから、ぜひ色々と活用していただければと思います。

 

 

なお、メルマガを登録解除したい場合は、配信するメール本文にある解除用のリンクからいつでも解除できますので、私と考えが合わない、あるいは私の提供する分析内容は役に立たないと思ったら遠慮なく解除してください。

 

プレゼントの逃げ馬ファイルをもらったからと言って、遠慮する必要はありません。笑

私も上に挙げた2つの目的を満たすには、少なくとも私の意見やデータに興味を持ってもらう人とともに歩みたいので。

 

 

では、逃げ馬に興味を持っていただいたあなたと、メルマガの場でお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

yajirusi_fab1_green

 

 

torokuword_soft1_green

名前
メールアドレス

※Errorという表示が出る方は、お手数ですがこちらのページからお願いします。。

 

 

Copyright (C) 2015 逃げ馬を追え All Rights Reserved.